資金計画・土地探し

資金計画

人生を豊かにする資金計画《賢い主婦の家計やりくり術》

こんにちは! 谷内建築(株)の谷内博仁です。

今回、家創りを検討している方に、どうしても知っておいていただきたいことがあります。

その知っておいて欲しいこととは・・・

今、家創りで後悔している人が後を絶たないという事実です。

なぜ、家創りで後悔をしてしまうのか!? と言うと、家創りで重要視すべきポイントを間違えてしまっているからなのです。

家創りを検討している人のほとんどが、人生で一番高い買い物は「家」だと思っています。

しかし、人生で一番高い買い物は「家」ではないのです。

その答えは、「住宅ローン」なのです。なぜなら、例えば、3,000万の家を3,000万で買える人は現金で購入される方だけです。ほとんどの人が住宅ローンを組みます。

ローンの組み方によっては、3,000万の家が5,000万になる人、あるいは6,000万になる人、場合によってはそれ以上になってしまう人が存在するからなのです。

例えば、3,000万円の住宅を金利3%(全期間固定)35年のローンを組めば、その返済総額は、48,491,100円になります。

仮に同じケースで金利がたった1%上昇しただけで、その返済総額は55,789,440円になります。

  • 人生を豊かにする資金計画《賢い主婦の家計やりくり術》
  • 人生を豊かにする資金計画《賢い主婦の家計やりくり術》

その返済総額の差は、何と7,298,340円にもなるのです。

このことを踏まえれば、人生で一番高い買い物は「家」ではなく、「住宅ローン」であることがご理解いただけると思います。

結論

家創りで重要視すべきポイントは、きちんとした資金計画を立て、家創りで後悔しないために“あなたに合った最良な住宅ローン”を組むことなのです。

もし、「住宅ローンで失敗したくない」とお考えのあなたは、以下の問い合わせホームに今すぐアクセスしてください。必ずあなたの家創りに役立つ情報をお届けします。

メールでのお問い合わせ

資金のこと

資金のこと

家創りを始めようと思ったとき、まず最初に気になるのはお金のことではないでしょうか?

ほとんどの人にとって家創りは初めての経験です。実際にかかる費用はいくらだろう?自己資金はどれくらい必要なんだろう?住宅ローン?税金?などなど、分からないことだらけだと思います。

だからと言って、家創りをあきらめないで下さい!

家創りとは大きな買い物ですので、お客様にあった正確な資金計画が必要になります。

家創りにまつわる2つのポイント

ポイント1「家創りに必要な資金」
土地の費用
土地代、登記費用、税金、仲介手数料
家創りの費用
本体工事費(解体費・地盤改良工事費・外構工事費・給排水など)、設計料
その他費用
ローン諸経費、火災保険、登記費用、税金、引越費、仮住まい費用
ポイント2「家創りの資金調達」
自己資金
お客様がご用意できる資金のことです。谷内建築(株)では自己資金がなくても住宅ローンを組める方法があるんです。詳しくは「なぜ?私たちはローンが組めないの!?」をご覧ください。
住宅ローン
銀行などから借り入れをする資金のことです。現在、住宅ローンは数千種類もあり、どれを選ぶかによっても返済金額が大きく上下します。
詳しくは「なぜ?私たちはローンが組めないの!?」をご覧ください。

もし、「資金計画で失敗したくない」と思われる方はぜひ当社にお問い合わせください。

必ずあなたの家創りに役立つ情報をお伝えします。

住宅ローンについて 《なぜ?私たちはローンが組めないの!?》

私たちは住宅ローンが組めるのでしょうか?

「なぜ?私たちはローンが組めないの!?」「私たちは住宅ローンが組めるのでしょうか?」

最近このようなご相談が増えてきました。残念ながら、様々な原因で住宅ローンが組めず、家創りをあきらめてしまっている方が非常に多いです。

実は住宅ローンが組めない方には以下の原因が考えられます。その原因に対する解決策が谷内建築(株)にはあります!

住宅ローンが組めない10の原因

  1. 1

    年収が300万円以下

    住宅ローンを組む上で一番最初に重要視されるのが「年収」です。しかし、年収が300万円以下の方は住宅ローンが組めないのでしょうか?そんな事は決してありません。谷内建築(株)では年収が300万円以下の方でも住宅ローンが組めます。

    年収が300万円以下

  2. 自己資金が少ない、またはゼロ

    2

    自己資金が少ない、またはゼロ

    住宅ローンを組む際に「自己資金が少ないとダメだ。」「ゼロだったら絶対に住宅ローンなんて組めない!」と思われている方が非常に多いです。谷内建築(株)では自己資金は必要ありません。

  3. 3

    車のローンの残債がある

    車を購入する際の支払いは、ローンを組む割合が6割以上と言われていて、返済期間も平均で3年~5年が多いようです。 住宅ローンを組む際に車のローンの残債があると組めない可能性が高くなりますが、谷内建築(株)では車のローンの残債があっても住宅ローンが組めます!

    車のローンの残債がある

  4. サラ金、キャッシング、リボ払いの残債がある

    4

    サラ金、キャッシング、リボ払いの残債がある

    サラ金やキャッシングの利用者人口は1200万人とも言われ、実に国民の1/10にもなります。利用者の年齢も30代40代が多く、家創りをされる多くの方が該当します。 谷内建築(株)ではサラ金、キャッシング、リボ払いの残債があっても住宅ローンが組めます。

  5. 5

    クレジットカードの支払いが遅れた事がある

    買い物の支払いや公共料金の引き落としなど、クレジットカードは様々な場面で使われていますが、銀行口座の残額不足などにより支払いが遅れた事がある場合、住宅ローンは難しくなります。

    谷内建築(株)ではクレジットカードの支払いが遅れた事があっても住宅ローンが組めます!

    クレジットカードの支払いが遅れた事がある

  6. 債務整理をした事がある

    6

    債務整理をした事がある

    過払い金返還請求の事で、最近テレビやラジオのCMで弁護士事務所などが行っているサービスです。この債務整理をした事がある場合、住宅ローンを組む上で支障をきたす場合があります。

    谷内建築(株)では 債務整理をした事があっても方法があります。

  7. 7

    家族の借金を肩代わりしている

    家族の借金を肩代わりしている場合、住宅ローンを組むのはなかなか難しいです。

    谷内建築(株)では家族の借金を肩代わりしている方でも住宅ローンが組めます。

    家族の借金を肩代わりしている

  8. すでに住宅ローンを組んでいる

    8

    すでに住宅ローンを組んでいる

    中古の一戸建を住宅ローンを組んで購入した後で、「やっぱ新築にすれば良かった…。」と言うケースは少なくありません。通常の場合、「現在の住宅ローンを完済してから」ですが、谷内建築(株)では

    すでに住宅ローンを組んでいる方でも住宅ローンを組む方法があります。

  9. 9

    契約社員の場合

    現在は雇用形態に「契約社員」というものがあり、この数も年々増加しています。しかし、このような方は住宅ローンが組めないのでしょうか?そんな事はありません。

    谷内建築(株)では契約社員の方でも住宅ローンを組む道があります。

    契約社員の場合

  10. 自営業を営んでいる

    10

    自営業を営んでいる

    自営業の方の場合、開業年数や売り上げなどに関係なく、住宅ローンを組むのが大変難しいのが通例です。

    谷内建築(株)では自営業を営んでいる方でも住宅ローンを組む方法があります。

初めての注文住宅・家創りの不安や疑問を「谷内建築(株)」が解決します!

家創りのプロ「谷内建築(株)」がはじめての注文住宅・家創りに関する誰もが気になる内容や住宅ローン・予算などの金銭面のお話、家に関する様々な疑問を解消します。

「何から始めたらいいか分からない」、「せっかくの注文住宅だから後悔はしたくない」、「アフターフォローはどうなっているの?」など初めての家創りには不安がつきもの、まずは「谷内建築(株)」にご相談下さい。

土地探し

《失敗しない土地探しのコツ!?》 不動産業界の裏側を特別に大公開!!

いい家を建てる工務店はみつかった。じゃあ次に必要になるのは?

もちろん、土地(地面)です。

良い土地をみつけるというのは、いい家を建てるのと同じくらい難しいのです。

マイホームは、一生に一度のビッグな買い物。それこそあなたの人生と命を賭けての買い物なんですね。

失敗は許されません!

家を建てる土地にもこだわるために、しっかりとした情報収集が大事です。

そこで、不動産の営業マンが教えない、不動産業界の裏側を特別に大公開しましょう!

不動産業界の裏側を特別に大公開!!

《不動産の営業マンが教えない秘密の話?!》

《不動産の営業マンが教えない秘密の話?!》

良い土地情報は、なかなかあなたの手には届きません!インターネットや住宅雑誌が盛んになり、いろんな情報が簡単に手に入る現在でもです。

なぜでしょうか?

実は、不動産の商売方法に秘密が隠されているのです。よく不動産は、両手・片手の商売に例えられます。

「両手の商売」というのは、売主さんからも買主さんからも仲介手数料をもらうことです。

「片手の商売」というのは、売主さんか買主さんのどちらか一方からしか手数料をもらわないことをいいます。

※補足説明:「アンコ」といって中間また別の業者が間に入り、売主もしくは買主からの手数  料を業者間で頭割りすることもまれにあります。

とにかく、不動産業者にとって、一番儲かるのは当然「両手の商売」なのです。

ですから、売主さんから土地や住宅を「売って下さい!」と依頼を受けると、その業者は「売り物件情報」をできれば他の同業者には公開しないで自分だけで売りたいわけです。

いい物件は、なかなかオープンにならないし、自分の持っている物件をお客さんのために提案するということが難しいのです。また、不動産の営業で一番の苦労は、何と言ってもこの「売り物件の情報収集」です。不動産、免許さえ受ければ誰でも営業できます。でも、売るものがなければ商売は成り立ちません。

そこで、「いい物件をください!」と業者間回りをするわけですが、そうは簡単に手にすることはできないので、個人的な人脈や縁故を通じて入手することが多くなります。

結果として、土地をお求めの「お客さま」は、こうした隠れた情報を手にするためには、「強力パイプ」をもつ業者を探し当てるか、土地の選び方を知っている人に教えてもらうしかないのです。

もちろん、私共は家を建てるプロですが、土地選びまでトータル的にサポートさせて頂く事も多くございます。

なぜならば、どういう土地に家を建てると良いのかということもよくわかっているからです。

もし、土地選びでもお困りであれば、一度、お気軽にご相談ください。不動産の営業マンが教えない、”失敗しない土地選びのコツ”をお教えいたします。

土地探しの流れ

  • 01
    資金計画

    まずは、資金計画です。
    土地と建物の合計予算から、土地に掛けてもいい金額をしっかり把握しましょう。

    資金計画
  • 02
    土地探し

    予算が決まると、次は実際に土地を選びます。過去の水害、地盤、土壌汚染などの災害がない土地かどうか、しっかりチェックしてください。

    土地探し
  • 03
    現場視察

    インターネットや情報誌では分らない、実際の環境を確かめにいきましょう。

    現場視察
  • 04
    法的制限の確認

    地域や土地によって、建てられる住宅の高さや大きさが決まっています。必ずチェックしましょう。また、建築条件付きの土地かどうかもチェックしましょう。

    法的制限の確認
  • 05
    資金計画の確認

    当初の計画通り、予算に合った土地かどうか確認しましょう。

    資金計画の確認
  • 06
    申込み

    申込みと同時に、証拠金のお支払いが発生します。この金額は、契約時の手付金に充当されます。

    申込み
  • 07
    重要事項の説明

    契約時に合わせて行われることが多いですが、宅建業法で義務付けられている行為です。必ず確認しましょう。

    重要事項の説明
  • 08
    売買契約

    通常、実印、印鑑証明、印紙が必要になります。事前に確認しましょう。

    売買契約
  • 09
    ローンの申込み

    売買契約が終了したら、ローンの申請です。基本的には、土地と建物は別々でローンを組みますが、まとめられるケースもありますので、ご相談ください。

    ローンの申込み
  • 10
    土地の登記

    代金の支払いが済んだら、速やかに登記を行いましょう。登記を済ませて、はじめて自分の物になると考えられています。

    土地の登記
  • 11
    家の間取り計画

    さあ!土地は決まりました。あとは、土地にあったプランや要望を考えましょう。
    ご家族の皆様が描かれている夢や、マイホームでやりたいことなど、詳しく聞かせていただき、当社からご提案させていただきます。

    家の間取り計画
pagetop