谷内建築 株式会社

NEWS

谷内建築の日常やイベント情報などを
お届けしております。
建築工事の内側も
どんどん公開していきますので、
気になる点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

マイホーム初めてさん必見!自然素材の家づくりが必要な本当の理由。『こだわりの自然素材住宅とは』その2

2021.09.13

こんにちは、谷内建築株式会社です。
昨日は「自然素材住宅」についてお話しさせていただきました。

「自然素材の家」と聞いて
あなたはなにをイメージしますか?

1. …に続いて
お話しさせていただきます😊


2.自然素材にはどんなものがある?

「自然素材の家」の中心となるのは、やっぱり木材。土台や柱などの構造部分はもちろん、床や壁などに無垢材を使うことで、独特のやさしい風合いが生まれます。

壁には、貝殻や海藻(かいそう)の化石に海藻糊(かいそうのり)などを加えてつくった漆喰(しっくい)や珪藻土(けいそうど)が使われることも少なくありません。調湿効果、CO2吸収効果、ホルムアルデヒドの吸収・分解といったはたらきがあるほか、見た目にもやさしくあたたかみがあるのが特徴です。

また、天然鉱物や天然粘土を使った塗り壁、珊瑚(さんご)を使った塗り壁、コットンや麻、絹などの自然素材から生まれた壁紙など、その効果もさることながら、個性的な演出ができるのも魅力です✨

せっかくの自然素材の家だから、見えない部分や仕上げにも徹底的にこだわりたいもの☝️

断熱材もウール(羊毛)をはじめ、木質繊維やコットンなど種類もさまざまです。
これまで一般的に使われることが多かったグラスウールは価格が安い反面、吸湿性が低く、結露ができやすいのが難点でした。

一方、羊毛を使った断熱材は、湿気を調整し、結露ができにくいのが最大の特徴。湿度が高いときには吸湿し、低いときには放湿して、部屋の湿度を一定に保ってくれます。

ホルムアルデヒドなどの化学物質を含む接着剤は、自然由来のものに変えれば安心です。たとえば、食物や膠(にかわ)を原料とした接着剤などです。


家族の健康や心地よい暮らしのためにも、安全で安心な素材を選びたいですね😌

 

 

3.最後に

 

〝家を建てる〟ということ。


家づくりは

お施主様の思いをカタチにすること。


お施主様の一生の住まいとなる大切な家

その思いを大切に

確かな技術と信頼できる職人たちとでないと

丈夫で安心できる家は建てれない。


私たちは切に思います。



そして

あなたは・・・


どんな家づくりをしたいですか?


自然素材が好きで

普通の家とはちょっと違う

同じ予算でもワンランク上の家がいい!

シッカリ丈夫な家を建てて欲しい!


そんなあなたに・・・

自信を持ってお勧め致します!

***小さな相談ごとでもお気軽にお問い合わせください。***

完全個別の『無料相談会』もぜひご参加ください。

無料相談会のブログはこちら(^o^)/

https://taniuchi-build.jp/news/757/

 

お問い合わせ